中野のまちと刑務所  中野刑務所発祥から水と森の公園まで  



書名 中野のまちと刑務所
著者名 中野区企画部
出版者 中野区
記述
副書名 中野刑務所発祥から水と森の公園まで
叢書名
叢書巻次
注記
分類 E59/A
資料コード 805157308
出版年 1984
ページ数 96
サイズ 26
IIIF Manifest IIIF Manifest
内容紹介 明治43年に市ケ谷から中野へ移転してきた刑務所は、昭和58年まで三代73年間にわたって首都圏における矯正の役割を担ってきた。戦時中には治安維持法による政治犯・思想犯を多く収容したことでも有名である。また、豊多摩監獄は大正時代の名建築のひとつと言われた。昭和58年に廃庁したのちは解体され、赤レンガの正門のみを残し、昭和60年に区民のための「平和の森公園」として生まれ変わった。本書は昭和59年発行、中野刑務所のあゆみを概観し、中野区の自治の一端を振り返る。
収録内容