「 中野区立歴史民俗資料館 」一覧

中野区板碑資料集   中野の文化財 No.19

中野区板碑資料集   中野の文化財 No.19

板碑は供養塔の一種で、鎌倉時代はじめから作られ室町時代に流行した石碑の一種。本報告書は、記録の少ない鎌倉・室町時代の庶民の生活を示す貴重な史料を調査したもの。区内の板碑の紹介の他、区内現存板碑一覧、現存板碑拓影・実測図を収録。

続きを読む

手仕事なかの    

手仕事なかの    

昭和61(1986)年から63(1988)年に実施された、中野区内に残る伝統的な技術を保存する「伝統技術調査」の記録。伝えられている時代によって、関東大震災以前から伝わる技術、戦前の宅地化の中の手仕事、戦後の都市の手仕事の三期に分類して収録。

続きを読む

中野区立歴史民俗資料館 研究紀要  1   

中野区立歴史民俗資料館 研究紀要  1   

歴史民俗資料館は地域の歴史と人々の生活のあゆみを調査・研究し、その成果を保存・展示している。中野区の考古・歴史・社会教育に関わる研究を周知するために発行された紀要。第一巻は、1989年10月1日に開館した、資料館開設までの経過並びに建設の動機となった土地寄贈者の山﨑家について紹介する「中野区立歴史民俗資料館の開設過程」などを収録。

続きを読む

中野区立歴史民俗資料館 研究紀要 2   

中野区立歴史民俗資料館 研究紀要 2   

歴史民俗資料館は地域の歴史と人々の生活のあゆみを調査・研究し、その成果を保存・展示している。中野区の考古・歴史・社会教育に関わる研究を周知するために発行された紀要。第二巻は、江戸時代の寛政年間に算術指南の家塾をひらいた小川秀蔵をはじめ明治5年の学制発布に至たる中野の寺子屋、家塾の動向から近代の公立学校まで詳細に述べた中野区教育史小論「寺子屋から学校へ」などを収録。

続きを読む

中野区立歴史民俗資料館 研究紀要 3   

中野区立歴史民俗資料館 研究紀要 3   

歴史民俗資料館は地域の歴史と人々の生活のあゆみを調査・研究し、その成果を保存・展示している。中野区の考古・歴史・社会教育に関わる研究を周知するために発行された紀要。第三巻は、古文書・写真などを駆使して検討した「中野における在来産業」、江戸時代から昭和初期にかけての千枚札と呼ばれる神札922枚について検討した「高橋家神札資料」を収録。

続きを読む

たずねてみませんか 中野の名所・旧跡 (1996)

たずねてみませんか 中野の名所・旧跡 (1996)

中野の地が辿ってきた原始から近代までの歴史と、徳川綱吉の犬小屋跡や新井薬師など、区内のおもだった名所・旧跡を9つの地区に分けて紹介。 中野の歴史を知るための基礎的資料。 1980年に出版された同名資料の改訂版。

続きを読む